スタッフブログ

振袖、着物を着る際の、補正、防寒について。

 

営業の山本です。
10月に入り、来年の成人式の開催について市町村ごとに発表が続いていて、安堵されてる方が多いと思います。
入れ替え制やマスク着用など不便な部分も多いですが、来年成人式を迎える娘を持つ一保護者として、開催して下さることに感謝の気持ちです。

思い出深い一日となりますように。

 

あとコロナだから成人式を諦めて、ご準備がまだなお嬢様、今ならまだ間に合いますので、お気軽にご相談下さいませ!

 

今回は着物を着る際の補正や、防寒や消暑のための下着の付け方など、より快適に着物を楽しんで頂く方法をご案内したいと思います。

成人式の際の参考にしていただけたらと思います。

 

補正について

 

まず補正についてです。
着物を着る際にタオルを巻いて補正をするなど聞いた事があるかと思いますが、なぜ補正が必要かというと…
洋服は体の凹凸に合わせて立体的に裁断、縫製しますが、着物は立体感の全くない平たい布を凹凸のある体に巻きつけて着るものです。
イメージとしては、ひょうたんに折り紙を巻きつけようと思うときれいにいきませんが、ジュースの缶に巻きつけると思うときれいにいきますよね。
そのひょうたんを私たちの体だと考えて頂けると、補正をして体の凹凸をなくすことできれいに着て頂けることがイメージして頂けるかと思います。

 

ウエストの補正

腰のくびれやお尻の凹凸は、タオルや腰パットを使い補正をいたします。

特に腰パットという補正専用のものを使用すると、タオルで補正するよりもよれが少なく、腰紐で締める苦しさも少なく、よりキレイに着ていただけます。
ふじもとで振袖をご購入やレンタルをして頂いた皆様には、この腰パットを使用してお着付けをさせて頂いております。
腰パットの種類も、厚みのしっかりあるものや、少し薄手のものまでありますので、それぞれの体型に合わせてご準備されるといいですね。

 

和装ブラジャー

胸の膨らみは和装ブラジャーを使って補正をします。
私たちが普段洋服を着る際に使用するブラジャーやパット付きのキャミソール(ブラトップなど)は、胸の下に切り替えがあり、より胸が大きく、そして前に出るように出来ています。
でも着物を着る際は洋服を着る際の全く逆で、胸の膨らみを押さえ、より平たくなるようにし、着崩れを防ぎます。

そこで着用して頂くのが和装ブラジャーになります。
和装ブラジャーを着用して頂くと胸の膨らみが押さえられ、平に近付ける事が出来ます。

胸のボリュームによって適した物が何種類かあるので、それぞれの体型に適した物を選ばれるといいですね。
特に振袖の場合、帯を高い位置で締め、ブラジャーのワイヤーが当たり痛くなることが多いので、ブラジャーを外して頂くようにお願いしています。

着付けの前に和装ブラジャーを着用して来ていただけると、着付士の前で下着を外す恥ずかしさもなくなり、よりお薦めです。

 

 

 

寒さ、暑さ対策について

 

寒い時

寒い時期に着物を着る際の防寒についてですが、着物の下に重ね着をする事で補う事が出来ます。
下着にヒートテックなどの発熱、保温性のある物を1枚着て頂く事も出来ます。

気を付けて頂く点は、襟元から見えないよう、首のくりのしっかり開いた物を選んで頂く事です。

袖の長さは長くても折り返す事が出来るので、長くても短くても大丈夫です。

足元にスパッツなどを履いて頂くのも防寒になります。

長さは膝丈くらいまでだと、動いた時に見えないのでいいと思います。

足袋の下に重ねて履く、保温性のある靴下もあります。

足先を温めるとより防寒になります。

ただホッカイロを貼るのは、途中で暑くなっても剥がす事が出来ませんし、何より低温やけどの可能性があるためNGですので、お気を付け下さいね。

室内の催しはエアコンも効いていて暖かいですし、着物は洋服に比べ体にしっかり巻きつけるのと、何枚も重ねて着るので、思ったより暑い事もありますので、その日その日の気温とシュチュエーションによって調節するといいですね。

ちなみに成人式の際にお馴染みのショールですが、あちらも防寒のために使用されるようになったものです。

着物は衣紋を抜き、首筋がしっかり見えている状態なので、首筋が冷えるのをショールで防いでいます。

 

暑い時

ここ最近は温暖化も進み、今までより気温の高い日が多く、着物を着る際のルール通りに袷や単衣など着にくい事が多くなっています。

防寒のために重ね着をする事は簡単ですが、消暑となると…と悩まれる方が多いです。
下着や長襦袢を薄手で涼しい素材にされたり、着物の生地や帯の選び方で涼しさが随分違ってきます。
最近では暑さを和らげる下着など、様々な商品があります。

 

正式なルールを守らないといけない式の時や、お茶会などの場合を除いて、その時その時の気温や、シュチュエーションに合わせて、おしゃれに、そして快適に着物を着て楽しんで頂けると良いと思います。

いつものお食事や、旅行、お出掛けなど、着物を着て頂くだけで、いつもと違った楽しみ方をしていただけると思います。

着物を着ていることで、お得な特典、サービスを受けられることもあります。

 

暑い、寒いなど、感じ方は様々で、ふじもとのスタッフもそれぞれ自分に合った方法で工夫をしています。

ですので暑がりな方にも、寒がりの方にも、それぞれより良いご提案が出来ると思います。

ちなみに私はとっても汗かきで、いつも『暑い、暑い』と思っていますので、暑がりな方のご相談を得意としています(笑)

 

その他にも、色んなご提案が出来ます。
小さな事でもお気軽にご相談下さい。
皆様と共に着物を着る事を楽しめると嬉しいです。

 

  お電話ご来店予約 はこちらからお願いいたします。