スタッフブログ

振袖って買ったらいくらするの?~振袖の購入についてお答えします~

こんにちは!

呉服部営業の山下です。

 

2月も半ばになり、
年度末が近づいてくると振袖のご相談を多く頂きます。

その中でいろいろご質問を頂くのですが
やはり多いのが
「振袖っていくらくらいするの?」
です。

お母様方からお話をお聞きしますと、
ほとんどの方が「よくわからないからレンタル」
と仰られることが多いです。

ですが、今は振袖を購入される方が多くなっています。

ですので、今回はブログ第一回目にも書かせていただきました、
振袖の相場も含め、

振袖の「購入」の場合
について詳しく書かせて頂きます。

 

 

購入とレンタルどっちが多いの?

 

まず同じくよくご質問される

「購入とレンタルどっちが多いの?」

についてお答えしたいと思います。

 

こちらふじもとでの統計で、
先ほども書かせて頂きましたが、購入の方が多いです。

なぜかというと第一に
レンタルとの金額の差がほとんどないからです。

一昔前ですと、「一式100万もした」、とよくお聞きします。

ですが今は、レンタルの金額に5~10万円プラスしたら
一式フルセットでお買い上げ頂けるくらいお安くなっています。

また今は、高校卒業後、進学されるお嬢様が多くいらっしゃいます。
そして卒業式で袴を履かれる方がほとんどだと思います。

 

更に、今は袴の下にお持ちの振袖を着られる方が多く
着付に必要な小物も、振袖に使われるものからお使い頂けます。

またふじもとでは振袖一式をお買上げの方には、無料で無地袴を
お貸出ししておりますので、袴代もかかりません。

 

ですので、通常袴一式をレンタルされた場合、4~5万円するのですが、
振袖の購入だけで、袴にはお金をかけずに済むということになります。

レンタルと購入の金額差が5万円の場合、
追加でかかる費用が0になるのでとってもお得です!

 

そして2つ目に、ふじもとにはお着付け一生無料のお約束があるからです。

「成人式と卒業式を終えた後、いつ着ればいいんだろう」

と思われるかもしれませんが、

振袖は未婚女性の第一礼装なので結婚されるまでは何度でも着られます。

ご家族、またお友達の結婚式、ご自分の御結納、結婚式など、たくさん着る機会があります。

その度に、お着付けは無料でさせて頂けますので、是非皆さまたくさん着てくださいませ。

 

このほか、レンタルと購入では
合わせる帯や小物が変わってきます。

 

レンタルにはレンタル用の帯・小物を、購入には購入用の帯・小物を、
というように、コーディネートも違ってきますので
両方見てから検討されるのもいいと思います。

 

 

振袖を購入するといくらくらいするの?

 

最初に、以下に書かせて頂きます、お値段には、振袖だけでなく

・袋帯、振襦袢、またそれぞれに必要なお仕立て代
・帯揚げ、帯締め、そして草履バッグやショールなどの小物類
・足袋、肌着、腰紐など着付に必要な小物類
・成人式当日の着付代、前撮りのヘアメイク代、着付代、撮影代、写真代(1ポーズサービス)

など振袖を着るために必要な物、また着付などの特典全てが含まれた上でのお値段になっております。

 

そして振袖の相場ですが

購入の平均価格は374,000円(税別)。

昔と比べると、ぐっとお安い価格で一式をそろえて頂けます。

 

ふじもとにあります振袖は、全て購入可能な品ですが
その中には、仕立て上がりと、仕立て前の状態の振袖があります。

 

 

仕立て上がりの振袖は、モデルさんが撮影のために一度着られた振袖だったりして
すでに寸法(サイズ)が決まっておりますので、少し低めの価格帯になっております。

それに対し、仕立て前の振袖は
お嬢様のご身長などを参考に、お決め頂いてから仕立てますので、
その分も含め、仕立て上がりより高めの価格帯になっております。

人気の価格帯は350,000円(税別)前後

昔の相場の半額以下で、特典もたくさんついて、一式をご準備頂けます。

 

購入した後のお手入れはどうしたらいいの?

 

「買ってもどう保管したらいいかわからない。」

こういったお声も、以前より多くお聞きします。

ですが、今は技術も発達し、
パールトーン加工というガード加工をかけることができるようになっております。

このパールトーン加工とは、
雨や泥はね、食事のときの汚れをはじいて、付きにくくする上、
たとえ汚れてもお手入れしやすくするための加工になります。

振袖にはこの加工をサービスでさせて頂けますが、
振襦袢や袋帯にもそれぞれ約10,000円で加工できます。

こちらをかけて頂いてると、一点につき1,000円でお手入れに出して頂けます。
通常だと振袖だけでも、6,000円ほどするところが1,000円でお手入れに出して頂けますので
とってもお得です!

また、パールトーン加工は、かけた時点での状態を保つ加工になりますので
最初にかけて頂くと出来上がりの綺麗な状態を保てる上、
振袖をたとう紙に入れ、箱に入れて棚の上に置いての保管でも大丈夫になります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

これから振袖を見られる皆さまの参考にして頂けたら嬉しいです。

 

ふじもとでは振袖を、一枚一枚ご試着頂けますので

気になるものがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 

ご予約はこちらから

 

ふじもとは、山口県内で唯一の日本着物システム(JKS)加盟店として
振袖選びから成人式後のアフターフォローまで
誠心誠意、スタッフ全員でお手伝いさせて頂きますので、
どうぞよろしくお願い致します!

 

山下