スタッフブログ

振袖の着用後のお着物のお手入れってどうすればいいの?

登録日:2021.05.14

お手入れお知らせ振袖

 

こんにちは!

 

呉服部営業の原田です。

 

ゴールデンウィークの期間中に、各地で成人式が予定されていましたが急遽変更になり、中止やリモート開催又、

緊急事態宣言が出たことで、帰省が出来なくなったお嬢様もいらっしゃいました。

 

振袖は成人式のためにご用意されて、

もう着ることがない!

と、考える方も有るかも知れませんが、

写真(前撮り・後撮り)などで是非20歳の記念に残しておかれるのも大切です。

 

そのほかに、卒業式や身内、友人の結婚式、

そしてご本人の大切な日(ご結納など)にも着られることをオススメします!

 

《大切な振袖を末永く残しておくには》

 

振袖・着物のことで皆さんが1番気になることは、

着た後どうしたらいいのか分からない

畳み方が分からない、畳めない

という事と思います。

 

そこで今回は、振袖・着物の着用後の

お手入れ方法や保管について

ご紹介します!

 

 

◎振袖を自分でお手入れ!3つの注意点!◎

 

まず、着用後はハンガーに掛けて、湿気を取りましょう。

前撮りなどの数時間の着用や、もう数ヶ月後に着用が決まっていて、汚れが気にならなくても、

シミやカビが発生しないように、その日の内には干して下さい!

 

 

そこでの注意点

①必ず室内で陰干し!

日光や照明が当たるとお着物が変色する場合がありますので室内で陰干しをしてください!

 

②畳む時間帯

その日の内に干すとなりますと夜になりますが、

朝・晩は湿気が多いですので、その時間帯は畳まない方がいいと思います。

湿気の少ない10時〜15時くらいが理想です。

 

③型崩れに注意!

天気が悪かったから、、、

または

畳むのがめんどう、、、

と言って何日もお着物をハンガーに掛けっぱなしは、お着物の折りが無くなり、お着物がボワボワしたり裏表の寸法のバランスが崩れ、型崩れの原因になります。

 

 

やっぱり自分でお手入れが出来ない、、

という時は呉服店に持って行き、

ご相談されるのが1番です!

 

そして今はほとんどの振袖には

何らかのガード加工がしてありますので、

購入された呉服店に持って行かれることを

オススメします。

 

 

ふじもとでは、ご購入して頂いた振袖にはパールトーン加工をしております。(10年以上前や、お母様の振袖は加工していない場合もございます。振袖の襦袢、袋帯はご希望の方のみです。)

 

 

パールトーン加工とは??

水や油の浸透を防ぐので汚れが付きにくく、

汚れても落としやすい加工のことです。

 

↑ご覧いただくと差が一目瞭然!

 

 

水を弾きますので、雨や雪の日の成人式も安心して着て行くことが出来ます!

お母様の振袖などまだ加工をされていない方はパールトーン加工をオススメします。

 

丸洗いやシミの確認をしてパールトーン加工をしておきますと、成人式やその後の保管なども安心かと思います。

着用後のお手入れの事や、パールトーン再加工付き丸洗いも出来ますのでご相談ください!

 

 

お着物の丸洗いって??

丸洗いとは、洋服のようにお着物全体を洗うドライクリーニングのことです。

衿、袖口、裾などの部分的に洗ったり、シミ落としなどは別途料金になります。

 

また、汗抜きもオススメしています。

別途料金につきましてはご相談の上進めさせて頂きますのでご安心ください♪

 

振袖の生地は、正絹で(ポリエステルの振袖もあります)、綸子、縮緬、絞りなどがあり、又、金彩加工、金駒刺繍などの加工も入っていますので生地に合ったお手入れ、丸洗い方法があります。

↑綸子

 

 

↑縮緬

 

 

↑絞り

 

 

↑金駒刺繍

 

 

↑金彩加工

 

 

急な雨で濡れた!

食べ物がこぼれた!

などの思わぬトラブルが起こる事がありますが、これだけは守ってください!!

 

お着物の生地をタオル・ハンカチで

こすらないでください!!!

 

特におしぼりは濡れていますので、

余計にシミを増やしてしまいます!

思わぬトラブルの際は

優しくこぼれた物を取るくらいにして、

すぐにお店に持って来てください!

 

 

 

 

◎よくある質問をご紹介します◎

Q1、長襦袢(振襦袢)は家で洗えますか?

A、×基本的には正絹ですのでご自宅での洗濯は縮んでしまうので洗わないでください。

尚、ポリエステルの商品もありますが、分からない時は何もしないでご持参して頂き、ご相談ください。

 

Q2、長襦袢に付いている半衿は外して洗った方がいいですか?

A、△半衿は、昔は着たら取って洗ってまた縫い付けることをしていました。しかし今は、ご自分で付け替えは大変と思いますので、そのまま長襦袢ごと丸洗い(お手入れ)に出される方をオススメ致します。

 

Q3、重ね衿、帯揚、帯〆は洗った方がいいですか?

A、△丸洗いすることは出来ますが、汚れていなければ陰干しだけで大丈夫です。正絹ですのでご自宅で水洗いは出来ませんのでご注意ください。

 

Q4、足袋、肌襦袢、裾除けは家で洗えますか?

A、◎ご自宅で洗濯機で洗えますのでご安心ください。

 

 

尚、ふじもとでは年に3回程度

京都より着物専門のメンテナンスのプロが来店し、無料でのご相談、お見積もりを行っておりますのでお気軽にご相談ください!

 

 

 

ふじもとは、山口県内で唯一の日本着物システム(JKS)の加盟店として

山口市、防府市、萩市、長門市、美祢市を中心にご案内をしております。
振袖選びから成人式後のアフターフォローまで
誠心誠意、スタッフ全員でお手伝いさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します!
 
 
ご予約はこちら!