きものの雑学

十三詣

十三詣

 子どもが数えで13歳になる年に、虚空蔵菩薩を参拝して知恵と福徳を授かるのが十三詣です。13歳は干支が一回りして最初の厄年として厄除けをするために始められたという説があります。古くは、男の子は13歳で「若衆組」に入って社会の一員となる、女の子は女性の仲間入りをする「髪上げの儀式」が行われた年齢で、子どもが大人になる節目とされてきました。本来の参拝時期は3月13日前後とされていましたが、現在は特定の日にちは設けられていません。十三詣の装いは、男の子が羽織袴、女の子は肩や腰を仮止めした「肩上げ」「腰上げ」をした状態の振袖で参拝し、帰宅後に糸を抜くのが正式な作法といわれています。