きものの雑学

衣替え

衣替え

 季節ごとに洋服を入れ替える衣替えは、もともと中国の風習だったものが平安時代に日本に伝わったと言われています。平安時代は宮中の行事として「更衣」と呼ばれており、旧歴の4月1日と10月1日の年2回行われていました。江戸時代になると庶民の間にも更衣が広がり、年4回に増えました。この行事が受け継がれ、着物の世界では6月1日~9月30日までは裏地のない「単衣(ひとえ)」、10月1日~5月31日までは裏地のある「袷(あわせ)」という着物を着用します。また夏の暑い時期(7月1日~8月31日)には「薄物」という透けた素材の着物を着ます。