スタッフブログ

2021年トレンド振袖、今の流行りはシックと無地?

こんにちは!
呉服部の山下です。

 

早くも7月に突入し、夏本番が目前となってきましたね。

夏といえば…そう!振袖選びの季節です!

 

この春高校を卒業したばかりのお嬢様の中には、
春は何かと忙しかったため、振袖をきちんと意識する初めての季節になるのではないでしょうか。

 

そのため、
「まず何をしたらいいのかわからない」
という方が多いと思います。

そういった方は
是非こちらの「振袖選びの流れについて」をご覧くださいませ。

 

流れがわかったら次は、どんな振袖がいいかな?何色が似合うだろう?
など着たい振袖について想像を膨らませていくと思います。

 

そこで押さえておきたいのが振袖の今のトレンドです!

「今どんな振袖が流行ってるんですか?」
「どんな色が人気なんですか?」

というのはお店に来られるお嬢様方からも多い質問です。

 

ですので今回は、色をメインに、振袖の今の流行について情報をお伝えしたいと思います。

 

 

2021年振袖トレンドデザイン

 

一般的に、振袖と聞くと
柄がたくさんあって、いろんな色が使われて、と
とても華やかなものを思い浮かべる方が多いと思いますが、

今は逆で無地の振袖が増えています。

地色は赤や青、また白など様々で、地紋という織で作られた柄のみの
本当にすっきりした、シンプルなものが好まれています。

 

柄があったとしても、裾や袖にワンポイントのように入っていたり、
地色に近い色で描かれていたりと、少し控えめなデザインのものが増えています。

 

こちらの振袖は一見白の無地ですが、よく見ると左肩に赤椿が入っています。

シンプルですが、帯や小物を工夫することによっていろんな印象をもたせることができます。

 

ちなみにこちらの振袖は

なんと、ふじもとの持つ写真館、Festaの平日特典で、
購入、またはレンタルして頂いた振袖とは別に、
もう一枚着て頂ける振袖の中の一つなんです。

 

Festaは完全予約制で、一年中お写真を撮らせて頂ける写真館ですが、
1月、2月、4月、5月、6月、7月、10月の平日にご予約を頂いた方は
写真館を一日貸し切りにすることができます。

また、これに加えて
お持ちの、またはレンタルして頂いた振袖にプラス、ドレスか
5枚の中から1つ選んで頂いた振袖を着て、お写真を撮ることも可能です。

 

↑の振袖以外の振袖はコチラ!

やっぱり晴れの日なんだから華やかに、という方はこちら。

古典にモダンと、成人式に選んだ振袖とは違う雰囲気を楽しんで頂けるように幅広くご用意しました。

 

ご興味のある方は、是非お問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから

 

☆写真館の特典、前撮りの流れ、アルバムの種類などはこちらを参考にしてくださいませ。

夏場に振袖撮影!?2022年成人撮影真っ最中!
成人式の前撮りは良いことばかり!!
前撮りの写真はどう残すの??
前撮りの1日の流れをご紹介!
 

 

 

2021年振袖トレンドカラー

 

色も以前は明るくてポップな色合いだったり、
パステルなどの優しい色合いが人気でしたが

今は控えめでシックなものが流行っています。

原色の上に霧をかけたような、くすみがかった色が人気です。

 

人気色例

イルミネイティングイエロー

アルティメットグレー

バブルガムピンク

ピュアホワイト

 

またペールカラーという淡い色合いも人気です。

ペールとは英語で「薄い」という意味で、
パステルカラーもこのペールカラーの一種なのですが、
パステルカラーよりも落ち着いた印象を与えるのが特徴です。

 

 

振袖は赤が定番で今も人気の色ですが、
今は全国的にも白が人気を集めています。

今までは白と言っても少しクリームがかった色でしたが
今流行の白は本当に真っ白で白無垢を思わせるような色合いです。

 

 

なぜシックな色が人気なの?

 

今までとは打って変わり、
どうして落ち着いた色合いが好まれるようになったのかですが。

実は前項の最後に挙げたペールカラーは
2021年春夏トレンドカラーでもあるんです。

 

また最近のファッションの流行といえば、

20年前のリバイバルブーム!

こちらですね!

リバイバルとは、ざっくりいうと一昔前流行だったものが再び脚光を浴びることを指しています。

そして一昔前というのが大体20年前、1990年代ファッションが今の流行になっているわけですね。

 

そんな20年前の振袖の流行は、洋柄と和柄が合わさったいわゆる≪モダン柄≫で、
裾と左半身に柄が多く、袂には柄が少ないシンプルなものでした。

まさに今流行の振袖と特徴が一致していますね。

 

その少し前の1980年代後半には≪大正ロマン風≫で、黒や紺などのかっこいい雰囲気だったり、
少し地味な色合いの振袖が流行っていました。

またさらに言えば、その前の1980年代前半ではパステル系など可愛らしいものが流行っていたというので
まさに゛時代は繰り返す˝といった感じですね。

 

リバイバルブームが流行ったきっかけとしては、モデルさんや著名人の方が、テレビや雑誌、SNSなどで着用しているからというのが挙げられています。
そのお洋服での感覚が振袖にも影響しているのかもしれませんね。

 

また、このリバイバルブームの中で人気なのが「ママ振り」です。

ママ振りとはお母様が成人式で着られた振袖のことです。

 

ちょうどこれから成人を迎えられるお嬢様方のお母様が着ていた振袖のデザインが、
1980年代の流行に沿ったものが多く、
お嬢様ご自身が好んで着られるパターンが多くなっています。

帯などは時代感を感じられるものもあるため、
そこだけ新しいものに変えて頂ければ、
まさに˝今の゛流行に沿った振袖姿になれると思います。

※4枚目は真ん中お嬢様の振袖が最近のデザインで、両端のお二人が着られているのがママ振りになります。

 

☆ママ振りについてはこちらを参考にしてくださいませ。

ママの振袖をお嬢さんに着せられる?
成人式にママ振袖を着る〜ママ振袖は幸せを受け継ぐ振袖〜
振袖の購入、レンタル、ママ振りの平均相場はいくらくらい?

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

この記事を通じて
着たい振袖のイメージをつかんで頂けたら嬉しいです。

また実際に、今はどんな振袖があるのか、下見にお越し頂いても大丈夫です。

お問い合わせはこちらから

ご予約はこちらから

 

 

ふじもとは、山口県内で唯一の日本着物システム(JKS)加盟店として
山口市、防府市、萩市、長門市、美祢市を中心にご案内をしております。
振袖選びから成人式後のアフターフォローまで
誠心誠意、スタッフ全員でお手伝いさせて頂きますので、
どうぞよろしくお願い致します!

 

山下