スタッフブログ

幾ら位の振袖を買うのがいいのか? 人気の価格28万(税別)セットと38万(税別)セットの違いとは

毎日暑い日が続いていますが皆さん、お元気ですか?ふじもと呉服店店長の北中です。

そんな暑さに比例してふじもとの振袖相談会も熱気ムンムン、連日多くのお客様で賑わっています。大変ありがとうございます。
ズバリ!ふじもとでは現在レンタルされるお客様より購入されるお客様が多いんです!

お得なのは一体どれ?

え〜?全国的に見てレンタルが多そう!
それは一体なぜ
買うとしたら幾らの振袖を買うのがお得なのか?

そんな本音の疑問にお答えしてお客様に大人気の価格28万セット(税別)と38万セット(税別)を徹底的に比べて見ました。
呉服店がお勧めする振袖の価格とは?
今まで誰も書かなかった、中々知り得ないリアル情報をお届けしたいと思います。

そもそも昔はレンタル振袖がありませんでした。そして振袖一式を買うとなると100万円位かかると言われていました。実際お母様方が自分のママ振袖をお持ちになられた時、100万円したらしいとか、祖母から150万払ったと聞いているとか云われます。
もちろん今でも高額の振袖がなくなった訳ではありません。

ふじもとにもプレミアムな振袖を購入される方も沢山いらして下さいます。

▲88万セット(税別)

 

▲78万セット(税別)

 

▲78万セット(税別)

 

▲68万セット(税別)

古典の伝統柄で素晴らしいですよね。一式の値段ですから昔と比べると安くなっていると思います。

 

一方、高額の振袖に対して20万位でレンタル出来る振袖が時代の流れと共に主流となっていった事は理解が出来る事です。
だが、近年、呉服業界も努力をして、良い品を低価格でお届け出来る様になって来ました。お客様のニーズやウォンツに合わせて、価格も変化して来たように思われます。
レンタル金額とそう変わらないなら購入もありかとお考えになるお客様が増えられたと実際に感じています。大学の卒業式の袴にも振袖を着るようになって来た事も大きい理由ですが、その裏には私達の振袖に対する熱い想いも込められていると思います。
長いお袖を振り払い、厄を払い良縁や幸せを願う親の心が振袖には込められています。日本人に生まれた特権として振袖を沢山着て幸せを感じて欲しいと私自身は思ってこの仕事をさせて頂いております。

そこで・・・
本題「幾らの振袖を買うのがいいのか?」なんです。

高額の振袖が品物として良いのは当然です。でもそういう訳にもいかない事情もそれぞれ御家庭にありますよね。
安ければ安い程良いと皆さんおっしゃいます。
その心と同時に娘に一番可愛いい振袖を、御友人と比べて見劣りしない振袖を着せてやりたいと言うのも親心ですね。
そこで良く売れる人気の価格が前述の28万セット(税別)と38万セット(税別)なんです!
税込になると308000円と418000円です。
ふじもとの振袖価格は安心フルセット価格です。
ふじもとの振袖は全て揃った「安心フルセット


この金額で振袖を着るのに必要な品が全て含まれるという事です。足袋やショール、着付に必要な小道具一式も付いておりますし、前撮りやオリジナルネイルチップも選ばれた振袖の柄でお作り致しますので人気があるのも納得していただけると思います。

 

実際に最新のパンフレットの中から紹介してご覧にいれますね。

 

まずは308000円セットです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は418000円セットです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に同じ色で見てみましょう。


▲308000円(左)               ▲418000円(右)

 


▲308000円(左)               ▲418000円(右)

 

 

如何でしょうか?
38万セット(税別)。良いですよね!
私個人として自信をもってお勧め出来る振袖プランです。
もちろん帯や小物、お顔映りによって似合う振袖は違って来るのは以前のブログでもお伝えして来ました。

 

関連記事はコチラ↓

失敗しない振袖選びのポイントは?

2021年トレンド振袖、今の流行りはシックと無地?

人気のコーディネート実例〜帯揚げ・帯〆はこう使う!〜

 

 

しかし、実際に注意深く見たり、触ってみると正絹の質感、織りの方法、加工の絞りや金彩、金コマ刺繍等、大きな差があるように私は感じられます。
あとは付ける袋帯や草履バックの値段がセット価格によって違っています。そして早く御来店頂いた方にはグレードアップの特典が付いていますのて一層お得になります。
38万セット(税別)でお付け出来る袋帯は28万セット(税別)よりも2万円〜5万円も良い帯です。
草履バックも1万円〜2万円高い品から選べます。この一つ一つのクラス感が全体としての高級感に繋がっていると言えると思います。
10万円という値段の差よりも実際には大きな差がある事をお客様に知って頂きたいと思いました。
是非御興味があれば、そういう意識をもってパンフレットの金額と写真を見比べて見て下さい。その上でお好きな色、柄、スタイル、雰囲気を選んで頂ければ幸いです。

あともうひとつ!
振袖の安心フルセットには直営のフォトスタジオ「Festa」での前撮り撮影プランも付いております。
ヘアメイク、着付、撮影料が無料なのは同じですが、サービスのお写真が違います。

 

28万セット(税別)に付いているのは「立ち姿」の1ポーズです▼

 

 

38万セット(税別)に付いているのは「立ち姿」「家族写真」「お好きなお写真」の3ポーズです▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

値段で競い合うのではなく、お嬢様に最高にお似合いのお気に入りを見つける為に、御家庭様の後悔しない振袖選びの少しでも参考になれば大変嬉しいです。

 

 

参考記事はこちらから▼

愛犬も大事な家族!多様化したイマドキな家族写真

夏場に振袖撮影!?2022年成人式前撮り真っ最中!

 

ふじもと呉服店の振袖テーマは〝家族との絆〟です。
おひとりおひとりの心に寄り添い、佳き記念日を迎えて頂くお手伝いをさせて頂きます。

 

お問い合わせご予約はこちらから